リンパマッサージ師として第二の人生を切り開く人へ » 一人前のリンパマッサージ師になるには » リンパマッサージを学ぶならスクール(通学)と通信どちらが良い?

リンパマッサージを学ぶならスクール(通学)と通信どちらが良い?

リンパマッサージを学ぶなら通信と通学どちらがいい?

通学のメリット

リンパマッサージを学ぶためにスクールに通学することには多くのメリットがあります。まず、講師陣から直接実技指導などが受けられる、一緒に学ぶ仲間がいるのでモチベーションが上がる、人脈がつくれる、生徒同士で施術の練習などができる、など実際に通学すると学校設備が使用できることが大きいでしょう。

通学のデメリット

一方では、通学することによるデメリットも考えられます。主なものをあげてみると、決められた時間に決められた期間や回数通わなければならないこと、仕事や家事、育児などとの調整が難しいこと、受講料が通信講座より高いことなどがあります。

通信講座のメリット

リンパマッサージを学ぶためには通学に対して、通信講座も開設されています。こちらのメリットもみていきましょう。自宅や好きな場所で学べる、マイペースで勉強できる、勉強の時間や回数の制約がない、受講料が安いなどです。主に時間や場所を選ばずに勉強できるということになります。

通信講座のデメリット

一方で通信講座のデメリットは、次のようなものがあります。自分で学習のスケジュールやプランを立てなければいけない、モチベーションの維持が難しい、映像だけを見て自分で練習をするので正しいのか確認ができない、わからないことがあっても相談できないのですぐに疑問が解決できない、となっています。

通学する場合のスクール選びのポイント

どのような技術が学べるか確認する

スクール選びのポイントトとしての第一番目は、どのような技術が学べるかということです。自分が何を学びたいのかを明確にして、それに合致しているかを確認しましょう。例えばリンパスクール1つとっても、学べる方法はさまざま。オイルを使ったマッサージ方法を学ぶところもあれば、道具は使わず手技だけで施術する方法を学べるところもあります。ご自身に合った施術を学べるスクールを選ぶことが大切です。

指導する講師の質

指導する講師によっても、上達が違ってきます。スクールにはどのような講師がいるのか、経歴はどうなのかなどを事前に調べておくことも大切です。例えば現役のサロン経営者が講師を務めてくれるところ、

卒業後のサポート

多くのスクールで卒業後も技術面などでフォローをしてくれる制度を採用しています。どのようなフォローがあるのか確認しておきましょう。

独学で資格を取る場合の注意点

資格取得するまでに時間がかかる

通信講座でも通学でもなく、独学の場合は疑問点がなかなか解消されずに、資格の取得までに時間がかかる傾向があります。

自己流の施術によるリスク

自己流で勉強した方は逆効果になるマッサージをしてしまうことがあります。リンパを逆に流してしまったり、オイルの使い方を誤ったりすることで、老廃物が上手く排出されず、不調を招いてしまう可能性もあるのです。

知識に偏りが出る

リンパマッサージでは、残念ながら医学的に正確でない書籍も存在し、インターネットでも同様に多くの不正確な情報があります。何が正確で何が不正確なのか、勉強をする家庭では判別ができないで間違った知識を覚えてしまうこともあります。

本格的に学ぶなら通学がおすすめ!

リンパマッサージを学ぶには、通信講座と通学があります。独学という道もありますが、ご紹介したようにデメリットが多いので難しいと思います。そして、一番おすすめなのが、通学です。大きな理由としては実際に技術を試せるということにあるでしょう。生徒同士で、講師に直接など習ったことをすぐに試せて、それが合っているか確認できる。それこそが通学の大きなメリットです。

WCIグループ

【サイト監修】リンパ療法学院

当サイトはリンパ療法学院に通う生徒さんのために、卒業生の方の活躍状況や各コースの詳細などを掲載しています。また、特別講習の動画も掲載していきます。今後の学習や将来設計のため、ぜひ活用していただければ幸いです。

リンパ療法学院の公式サイト