リンパマッサージ師として第二の人生を切り開く人へ » リンパ療法学院に通うスクール生の1日 » 師範科コース

師範科コース

新リンパ療法のプロとして活躍するための技術、そしてサロンを運営する上での知識をマスターできるのが師範科です。師範科で必ずマスターすべきことは何か、銀座院の院長である浜谷豪先生にうかがいました。また、師範科から新リンパ療法を学びはじめ、現在プロデビューを目指している先生にもインタビューしています。

師範科でマスターすべきは「リンパの反射とその影響」

師範科のカリキュラム内容

イメージ
  • 胸部テクニック
  • 腹部テクニック
  • 回盲弁テクニック
  • 結膜炎
  • 白内障
  • 緑内障
  • アルツハイマー
  • 難聴(耳なり)
  • 咽頭炎
  • 副鼻腔炎
  • 頚肩腕症候群
  • バセドー氏病
  • 気管支炎
  • 食道疾患
  • 心臓病
  • 肺炎(ぜん息)
  • 斜頚
  • 上肢の神経炎
  • 自律神経失調症
  • 痔核
  • 精嚢炎
  • 卵管炎、或いは卵管留膿腫
  • 独立開業と副業等の重要事項

師範科は新リンパ療法(リンパマッサージ)をさらに極めたい方のためのコースです。師範科を卒業することで、副業ではなく本職のリンパマッサージ師として活躍できるレベルの技術・知識を習得できます。

師範科で学べる大きな内容として、「新リンパ反射療法」が挙げられます。よくあるツボ押しによる反射療法ではなく、リンパに存在する反射ポイントを刺激してあげることで、全身の流れにアプローチしていく方法。反射ポイントを刺激することで、専科で習得した箇所よりもより体の深い部分へ働きかけられるのが最大のメリットです。

リンパ反射ポイントを刺激して上げることで、内臓や神経へアプローチ。様々な疾患でお悩みの患者さんの健康ケアへ役立ちます。体のコリやハリ、むくみといった不調だけでなく、「健康」を意識した全身ケアができるようになるのが、この師範科だといえます。

師範科履修後にできるようになること

師範科の履修が完了すれば、リンパ反射ポイントを学ぶことで、体のより深い部分にアプローチできるようになります。専科を卒業した段階で1日開業やおうちサロンなどにチャレンジした方は、その施術が好評になってくると、だんだんと患者さんから深いお悩みを相談されることが多くなってきます。また、患者さんが紹介してくださる患者さんは、基本的に自分よりも症状の重い方であるため、より専門的な知識が必要とされていくのです。師範科の知識は、サロン運営が軌道に乗ってきたときこそ実感できるといえます。

師範科を履修することで使用・購入が可能になるのが「ラジャスの剣」です。反射ポイントに当て、刺激をしていくことで筋硬結を流す、かたまった場所をほぐすといった施術ができるようになります。こういった完全に凝り固まった、もしくは詰まってしまっている部分は、いくら施術になれたプロの施術者であっても、手技だけで解決するのは難しいものです。リンパ反射ポイントを学び、的確にラジャスの剣を使用することで、体の深い部分まで深いを取り除いていくサポートができるのです。

師範科の履修が完了した先生の中で、特に新リンパ療法の技術・知識が優れた先生には、「新リンパ療法」の名を冠したサロンを開く打診もあります。

女性

リンパ療法学院の師範科に通った理由は?

現在もアパレルの企画関連のお仕事をフルタイムでしています。50代に差し掛かったころ、ぼんやりとですが定年後のことを考えるようになりました。そんなとき、今までも家族や同僚、そして母などの肩こりや腰痛のケアのために揉んだり摩ったりしてあげると、「上手だ」と喜んでもらっていたことを思い出しました。
また、私自身もオイルマッサージなどが好きだったこともあり、定年後も自分のペースでお仕事していくときの候補として、いわゆる「マッサージ」が浮かびました
そして説明会に参加し、ただ気持ちがいいだけでない、健康のためのリンパマッサージであり、いくつになってもできる技術は、まさに私の求めるものだと感じ、リンパ療法学院への入学を決めました。
師範科を選んだのは、施術用のベッドがいただけると聞いたからです。これさえあればすぐに施術ができるので、お得だし効率的だと思いました。

女性

普段どのようなスケジュールで学んでいますか?

フルタイムでの仕事があるため、基本的に週末のどちらかで勉強をしてきました。技術も知識も、使っていなければ衰えてしまうので、ずっと続けている必要がありますので。最初は同僚やママ友たちに無料で施術をしていましたが、今は週末自宅のリビングで、ちょっとしたおうちサロンのような形でお金をいただきつつ、技術のレベルアップをしています。ありがたいことに、ママ友たちの紹介で患者さんが増えています。

女性

新リンパ療法を学んでから、特に印象的なエピソードはありますか?

今の本業であるアパレル企画のお仕事も好きなのですが、まったく違う仕事にチャレンジできているというのも、また楽しいです。特にリンパマッサージは患者さんが「その場で喜んでくれる」のが嬉しいです。患者さんが喜んでくれるから、私も楽しくお仕事ができる。こういったお仕事は貴重だと思います。
家族は新リンパ療法に真剣な私のことを、少し心配していみたいですが、患者さんが増えていくにつれ、応援してくれるようになりました。

女性

先生の将来像を教えてください。

今は自宅のサロンでおうち開業をしていますが、週末のたびに準備をするのは大変で…。いま商用OKなマンションを探して、そちらでのサロン開業に動いています。いろいろな機材を置くスペースもできるので、施術の幅も広がりますね。
サロンでは新リンパ療法による「健康ケア」はもちろん、私自身も好きだった「癒し」のメニューも充実させたいです。いまメディカルオイルやアロマタッチ、よもぎ蒸しなども勉強しようと思っています。自分のサロンを持てるからこそ、できることですね。

WCIグループ

【サイト監修】リンパ療法学院

当サイトはリンパ療法学院に通う生徒さんのために、卒業生の方の活躍状況や各コースの詳細などを掲載しています。また、特別講習の動画も掲載していきます。今後の学習や将来設計のため、ぜひ活用していただければ幸いです。

リンパ療法学院の公式サイト