リンパマッサージ師として第二の人生を切り開く人へ » 一人前のリンパマッサージ師になるには » マッサージ 店の選び方

マッサージ 店の選び方

マッサージ店の選び方

仕事でデスクに座りっぱなし、あるいは営業で外を歩きすぎたという理由で体の疲れを癒すためにマッサージ店に行きたいなと感じる人は多いでしょう。もちろん、日常生活だけでなく、週末のアクティビティで体が疲れてしまうこともあるでしょう。自宅でできるセルフマッサージと違って、誰かに行ってもらう専門的なマッサージはそれだけ価値があります。しかしながら、マッサージ店はどうやって選ぶのが良いのでしょうか。街中に溢れるマッサージ店とどういった目的で選ぶべきなのかを解説します。

マッサージ店の種類

マッサージ店の種類は本当に様々です。マッサージとだけ書いているお店もあれば、カイロプラクティック、整体、整骨院、アロマテラピー、リンパマッサージ、按摩、指圧、鍼灸など様々なサービスのお店が存在します。正直なところ、内容を知っていないと聞いたこともないような施術のお店には入ることすらありません。しっかりと内容を知っておくことで、目的のサービスのマッサージ店に入る障壁が下がります。まずマッサージの分類ですが、資格が必要なものとそうでないものがあります。按摩や鍼灸などは国家資格が必要で、取得にも時間と技術が必要なので、どこのお店に行ってもある程度のクオリティは担保されています。しかしながら、アロマテラピーやリンパマッサージなどは資格がなくてもできるので、お店によって施術技術はまちまちです。それぞれの違いを把握した上で、何のためにマッサージを受けたいのかを基準に選ぶことが大事です。

保険適用か保険適用外か

上でも述べた国家資格を有する人が行う医療類似行為については保険が適用となり、お客さんからすると支払う費用は大分安くなります。例えば、あん摩マッサージ指圧師が対象者の症状の改善や緩和を目的として行うマッサージについては、医療類似行為にあたるので保険が適用となります。逆に、リンマッサージやアロマテラピーなどは、国家資格ではないため保険は適用となりません。また、費用もお店によって大きく異なるため、お客さん側にかかる負担も大きい可能性があります。保険適用の有無によってマッサージ店を選ぶというのも1つの方法です。

価格による違い

保険適用になるかどうかで価格に差が出るという話はしましたが、保険適用外のマッサージ店については自由に料金設定をしているところが多いため、パフォーマンスに見合った価格設定をしているところを選ぶ必要があります。マッサージ店が多いエリアでは、安さを全面的に押し出したお店もありますが、料金相応のクオリティである場合もあるため、注意が必要です。また、高すぎるお店というのも問題です。大金を払ったからという考えが頭をよぎるようであれば、期待に沿うマッサージを受けられるかどうかはわからないので、高すぎる店は満足度が低くなる可能性もあります。口コミや実際に行ったことある人の意見を参考にしながら、良いマッサージ店を選ぶのが良いでしょう。

最終的には癒されるかどうか

目的によってマッサージ店を選ぶのが良いと述べました。マッサージは癒されることを大きな目的とし、どの部位を中心にケアしたいのか、どういった効果を望んでいるかによって選ぶのが一番です。自分にあったマッサージ店を見つけた時は、何度もリピートしてみるのも良いでしょう。

WCIグループ

【サイト監修】リンパ療法学院

当サイトはリンパ療法学院に通う生徒さんのために、卒業生の方の活躍状況や各コースの詳細などを掲載しています。また、特別講習の動画も掲載していきます。今後の学習や将来設計のため、ぜひ活用していただければ幸いです。

リンパ療法学院の公式サイト